クレジットカードの審査基準

Pocket

クレジットカードの審査基準は大きく分けると勤め先、勤続年数、収入、住居、返済能力です。

クレジットカードを発行するカード会社は、申込者の信用を調査します。
勤め先の会社の規模が大きく、業績が安定していれば、申込者はそれだけ長期間返済能力があると見なします。
収入は一時的な収入額だけではなく、長期的に安定している事も重要視されます。

大企業に勤めていても勤続年数が少ない場合、審査に響きます。
勤続年数が長ければ、それだけ真面目な方だと判断されます。
役職が高く、年収も多いと見なされる傾向にあります。
急に辞めて返済不能の可能性も少ないと考えられます。

申込者に信用が乏しい状態でも、その人が住居を所有していればどうでしょうか。
クレジットカードの返済が難しい場合、持ち家が担保と成り得るため、審査の面では有利に働く事が多いです。

返済能力は、勤め先や収入の面だけで判断されるとは限りません。
過去のキャッシング・クレジットカードの利用履歴も審査では要視されており、返済遅れ・滞納はマイナスです。
一方、毎月返済を欠かさず行っている人であれば、クレジットカードの審査ではプラスと見なされます。

クレジットカードの審査で頻繁に落とされる方は、カード会社の信用調査を理解しましょう。
その上で自分の信用を見直した上で自分にとってベストなクレジットカードに申し込みましょう。

相手を知る事も時には重要です。
金融関連の豆知識として覚えておいてください。